<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Chicken feet

c0080641_14495812.jpg


香港に来て鶏の足が料理されることを知りました。日本からいらっしゃる方々も次々にクリアしていくのに、10年以上いても私はま~だだめ。飲茶に行って果敢にオーダーなさる方もいらして、「え!?食べたことないのっ!?やぁ~だ、何年いるの。意外においしいのよ~。」と言われながら、「う、う~ん」とかわいくチャーシューパオなんかたべているのです。

今日はまたあまさん料理教室のために友達のあまさんが来てくれてご教授くださいました。お願いしたものは何でもいいから魚が入っているスープと、湯葉と鶏の煮込み、糸よりのトマトーソースがけ、でした。朝来たときに買ってきた材料を見せてくれましたが、魚のスープにはあわびね、と乾燥あわびを用意し、あとは湯葉と鶏一匹、その他もろもろ。途中のぞいてみると鶏さんが見事にさばかれていて、「どどどどの包丁使ったの?」とちょっと心配になって聞いてみたらいつもの包丁。刃こぼれしていないだろうか・・・とチェックしちゃったけど、大丈夫でした。「だ~いじょうぶよ~。関節で切ってるから~。」とおばちゃま。はいはい、大変失礼しました。

そして外出して帰ってみるとスープがぐつぐつ煮立っています。いい香り~、と思いながらどれどれ、とふたを開けてみたら、上の写真の通り。鶏のおみ足が入っているじゃないですか。おおお、我が家で初めて調理された鶏の足ですよ。食べれないけど気分だけいただきまーす。
[PR]
by etudeflora | 2010-06-22 15:18 | 日々のこと | Comments(0)

おいしかった~

今日は沙田でおけいこでした。そのおけいこに出かける直前に友達のあまさんが来てくれてうちのあまさんに香港家庭料理を教えてくれました。腰果西芹炒鶏(鶏肉・セロリ・カシューナッツの炒め物)・ 梅菜蒸肉餅(梅菜と豚の蒸しハンバーグ) ・菜乾白菜湯(乾・生白菜のスープ)です。もう~このメニューを考えて伝えるのに何と苦労したことか。何でもいいから教えて、って思っていたのだけど「何を食べたいか言って」と言うので必死に名前を調べましたよ。義母が作ってくれたものだけれど、名前なんか知らずにいただいておりました。調べるうちにレシピにも行き当たるし、やっぱり自分で作って教えるか、とも思ったのですが、紹介してくれた友達も気にしてくれていたし、一度お願いしてみよう、と話をやっとまとめて来ていただいたのです。しかしお料理上手な方だったわ~。家に調理器具や調味料の下見に来てくれたときに(かれこれ2ヶ月前)私の作ったスープを見て、「う~ん、こんなになるはずはない。これはこうしてああして、入れる順番はこうで、切り方はこうで・・・」とかなり細かくチェックしていたので、きっと上手なんだろうなぁとは思っていましたが、期待以上の気の配り方で嬉しい~。懐かしの乾白菜のスープもおいしかったし、やっとまた香港の家庭料理が味わえます。自分で作れよって感じなのですが私もう20年近く香港にいるのにうまくできないんですねぇ。


c0080641_2373022.jpg みんなの手が出るところを撮ったので大きくできませんが、鶏肉の炒め物、にんじんも入って、切り方も揃っていて見た目共にきれいなんです。
[PR]
by etudeflora | 2010-06-19 00:04 | 日々のこと | Comments(0)

花盛り

c0080641_18222774.jpg
このキャベツを開いたような花、芍薬です。つぼみの状態で紙にくるまれているのですが、紙を開くと途端にお花も開いてきます。ばーん!と咲いてぼたっ!と落ちる美しくも太く短い花の命です。


c0080641_18193728.jpg
今日のおけいこは「ならぶ」でした。
c0080641_18233415.jpg
例の百合も満開になりました。
[PR]
by etudeflora | 2010-06-11 18:34 | ikebana' | Comments(0)

小石原焼き

c0080641_20502740.jpgc0080641_205039100.jpg
c0080641_20505236.jpg
小石原焼きというのを初めて知りました。風合いが暖かくてぽってりしているのもかわいいので割れないように持って帰りました。
c0080641_2051439.jpg
小石原ポッタリーという、料理研究家の長尾智子さんと小石原焼きの15軒の窯元とのコラボレーションで作り出しているものだそうです。「料理をおいしくする器」というのがコンセプトだそうです。私の作ったものでもおいしそうに見せてくれますように・・・と。


[PR]
by etudeflora | 2010-06-10 21:38 | 日々のこと | Comments(0)

まだ咲かない

c0080641_9511768.jpg

月1でお花を生けに行っているのですが、この前は百合を使いました。1週間交代でしているので、7日間もつようにと開きかけのものとつぼみを選んだのですが、今朝の時点でまだこんな。開くのにこんなに時間かかるんだっけ?と今更ながらの疑問。来週の人にもそのまま使っていただけそう・・・




[PR]
by etudeflora | 2010-06-09 10:05 | 日々のこと | Comments(0)

プチ大根

日本に行く前にJさんからキムチをいただきました。
韓国でお母様が漬けられるそうで、以前は白菜のキムチを
いただきましたが、今回は小さい大根のもの。韓国の普通の
大根はとっても硬く、日本の大根のように水気をあまり含んで
いないそうですが、こちらもまた違った種類で、かなり小さい
大根ですが硬いです。食べるとこりこりしていて、噛み心地が
たくあんのようです。辛さもとても辛いのですが、すごくしみる
おいしさでご飯がすすみます。母に持って行こうと用意しておいたのに
行く直前に冷蔵庫から出すのを忘れ、持っていけませんでした。

c0080641_8504057.jpg葉っぱが大根と同じぐらいの長さで、これもまたよ~く漬かっています。

c0080641_850537.jpg韓国のだしはこんぶと煮干でとるそうです。うちには煮干がなかったので「鰹節でいい?」と聞いたら「それじゃぁ日本の味になってしまいます」ということで、いつもはこんぶ+鰹節のだし派でしたが、今回は日本に行ったときに煮干を買って韓国味つけに備えました。ついでにカットわかめも買いました。

c0080641_853257.jpg日本に行く前に会ったのは実はこれをいただくため。恥ずかしいので小さめ、説明もなし(笑)。
[PR]
by etudeflora | 2010-06-06 09:07 | 日々のこと | Comments(0)

後ろに

c0080641_18523634.jpg今日買い物に行ったらこんな鳥が目に入ってきたので、ふらふら~っと吸い寄せられていきました。
c0080641_1849485.jpg中に入ってみるとま~た私の好きなお尻の隠れる丈のカーディガンがあるじゃないですか。お父さんのカーディガンみたいなこれ、ゆったりしているし、いいねぇ~と思って裏返してみたら、
c0080641_185027.jpg上にワンポイントがあって、これまた私の好きなリボンの形。
c0080641_18501385.jpg拡大するとこんな感じ。う~ん、何だかかわいさが伝わらない・・・
c0080641_18502627.jpgこれもプールに行くときに着ていくようなペラッペラのワンピースみたいのだけど
c0080641_18504057.jpg裏にリボンがあったのでやっぱり手放せなかった。

これでお願いします、とお店のお姉さんに言ったら、今は30%引きだということでした。わーい。
[PR]
by etudeflora | 2010-06-04 19:01 | 日々のこと | Comments(0)

外出

最近いけばな関係の催しから遠ざかっていましたが、母も少しずつ
快復しておりまた気持ちを向けられるようになりました。今日は今期最後の
イベントがあり、ひさしぶりに参加しました。人が集まるところもひさしぶりだなぁ、
なんて別に以前パーティーパーティーの生活していたわけではないのに
たくさんの人や飛び交う言葉に何だか圧倒されました。日本からお道具や
花材をたくさん持ってきてくださっていて、目にも楽しいデモでした。


c0080641_21404818.jpgc0080641_2141119.jpg
小さきものはかわいいですねぇ。
ホットマンの赤ちゃん用品で、左は小さなガーゼのハンカチ。
右はえんどう豆で、ボールに鈴が入っていて、これらを
えんどう豆バッグに入れて触ると音も愛らしく、肌触りも
優しくて買ってしまいました。
[PR]
by etudeflora | 2010-06-02 21:58 | 日々のこと | Comments(0)

さくっと

c0080641_1131523.jpg
刃物好きな私ですが、今回日本に行ったときに築地有次が出店に来ているのに出くわしました。そりゃもう喜んで物色しました。まずは花ばさみをいただいてから、魚(の骨)が切れる包丁くださいっ!とお願いして、出刃包丁を見せていただきました。魚は市場のおっちゃんに切ってもらうか、スーパーで切り身を買うので自分で切ることはないのですが、それでもたま~に切らなくてはいけないこともでてきて、普通の包丁では切れないなぁ、と思いながらよいしょっ!と切っていました。包丁さん、負担かけてごめんね。そして昨夜魚を切ってみたら、これがまぁ「さくっ」と他愛もなく切れました。切れ味抜群で骨を切っている手ごたえないぐらいです。切れるのねぇ・・・・ 思わず箱にしまってあまさんに「これは切れすぎるから使わないように」と言って取り扱い注意物件にしておきました。

c0080641_1132668.jpgみねの太さがこんなに違うんですね。そりゃ切れるでしょう。有次の方とお話していたら、菜切り包丁は両刃均等に切れるようになっていて、この出刃包丁は7分3分になっているそうです。言われて見てみるとなるほどそうでした。へぇ~。
[PR]
by etudeflora | 2010-06-01 11:30 | 日々のこと | Comments(0)